日本では不動産の保有に拘りがある

自宅の保有が社会的に評価されていた

日本では国土が狭いうえに山岳部が多いため、人の住める場所が他の国より少なくなっています。したがって住宅を取得する為の費用が諸外国に比べると高くなっています。日本では自宅を保有することが社会的な評価を高める傾向が続いていました。しかしながら、最近はライフサイクルの変化に対応して住まいを変えることが出来る賃貸を重視する考え方をする人が増加しています。アメリカでは収入が増えて生活レベルが向上するにつれてグレードの高い賃貸住宅に住みかえることがアメリカン・ドリームとなっています。

賃貸住宅は管理によって住み心地が異なる

自宅の管理はすべて自分で行う必要がありますが、賃貸住宅は住民が変わるために住み人によって部屋の使い方などの管理レベルが異なります。賃貸契約では入居者は退去時に現状復旧を義務付けられておりますので、一般的にそのことを念頭に部屋を使用するわけですが、子供がいたり、ペットを飼ったりするといかに注意をしても通常の使用よりも部屋の傷みが早まることは避けられません。したがって入居時には原状復旧の状態を確認したうえで契約する必要があります。

賃貸条件が大きく変化している

日本は既に住宅の数が世帯数を大幅に上回っています。したがって賃貸住宅の競争も激しさが増加しています。結果として、契約の内容が以前よりも大幅に賃借人に有利になっています。以前は2ヶ月分の家賃が徴収されていた入居時の礼金は既に1ヶ月か0ヶ月になっています。退去時の原状復旧の範囲も通常の使用によって生じた経年劣化は家主が負担しなければならないことになっています。こうしたことに対応するためには入居時に部屋の状況を写真で残しておくことが重要です。

札幌市東区の賃貸マンションは、結婚や出産といったライフスタイルの変化に合わせていつでも好きなときに住み替えることができます。